手ピカジェルと手ピカジェルプラスの違いは?

ワンプッシュで簡単にアルコール除菌ができる人気の「手ピカジェル」。

アルコール成分は新型コロナウイルス対策にも有効なので、
例年以上に今とても注目されています。

ジェル状なので手からこぼれにくくしっかり消毒できます。

そんな話題のアルコール消毒ジェル「手ピカジェル」ですが、
通常品と黄色いキャップの「手ピカジェルプラス」の違いが気になっている人も多いはず!

そこで、手ピカジェルと手ピカジェルプラスの違いをまとめました。

どちらを買えばいいのか迷ってる人に向けて、メリット・デメリットもしっかり紹介します。

よければ、新型コロナウイルス対策の参考にしてみて下さい。

手ピカジェルと手ピカジェルプラスの3つの違い

手ピカジェルと手ピカジェルプラスは、主に3つの違いがあります。

簡単にいうと「プラス」という名前が付いている通り、
ピンクキャップの従来品よりもパワーアップしている製品と考えて問題ありません。

その違いの要点を先にまとめると…

  • ジェルを酸性にすることで殺菌効果をアップ
  • ノロウイルスなどの一般的な消毒液が効きにくいウイルスや細菌にも対応!
  • 機能や効果がアップしている分だけ値段が少し高い

それでは、1点ずつ詳しく解説していきます。

ジェルを酸性にすることで殺菌効果をアップ!

手ピカジェルプラスは酸性で殺菌効果アップ

ピンクキャップの普通の「手ピカジェル」は中性のジェルです。

それに対して「手ピカジェルプラス」はリン酸を配合させることで、
より殺菌効果の高い酸性のジェルに仕上げています。

手ピカジェルは酸性ジェルなので殺菌効果が高い一方で、肌への負担も大きいです。

そのため、グリセリンに加えてアラントインなどの保湿に繋がる成分もしっかり配合されています。

一般的な消毒液が効きにくいウイルスや細菌にも対応

エンベロープウイルスも殺菌できる酸性アルコールの手ピカジェル

「手ピカジェルプラス」は酸性ジェルで除菌効果を高めたことで、
ノロウイルスやロタウイルスなどの一般的な消毒液が効きにくいウイルスにも効きます。

新型コロナウイルス対策とはいえ、ノロウイルスなどとの合併症も怖いので「手ピカジェルプラス」を選んでおくとより安心ですね。

機能や効果がアップしている分だけ値段が少し高い

手ピカジェルと手ピカジェルの違い【価格】

「手ピカジェルプラス」は弱酸性ジェルになってパワーアップしたことで、
インフルエンザやノロウイルス対策にも使えます。

なので、その分だけ「手ピカジェルプラス」は価格も200円ほど高いです。

手ピカジェル(300ml) 1,100円
手ピカジェルプラス(300ml) 1,320円

こちらはあくまで定価なので実売価格はもっと安いですが、それでも手ピカジェルプラスの方が高いことがほとんどです。

何事も健康には変えられないので、私はたった200円と考えてプラスを買っています。

手ピカジェルの詳細を確認する!

手ピカジェルプラスの詳細を確認する!

手ピカジェルプラスのメリット・デメリット

手ピカジェルプラスのメリット・デメリット

私は手ピカジェルも手ピカジェルプラスもどちらも長年使って来たので、
手ピカジェルプラスに替えてみて感じたメリットとデメリットをお話しします。

手ピカジェルプラスのメリット

まず、手ピカジェルプラスメリットは何より、
酸性になったことでノロウイルスなどのウイルス対策が気軽にできることです。

希釈したキッチンハイターでドアノブなどのよく触れる場所を拭く回数が減りました。

キッチンハイターで手を拭くわけにはいかないので(※当然厳禁)、
ジェルでササッと気軽に手側の対策できるのは助かります。

物側の対策はもちろん必要なので、希釈したキッチンハイターでよく触れる物を拭くなどの対策は必要です。

あくまで、手側の対策ができるようになったので拭く回数が減ったという意味です。

手ピカジェルプラスのデメリット

手ピカジェルプラスに替えて感じたデメリットは、
肌が弱い人は少し気をつけたほうがいいというところです。

確かに酸性になった分だけ保湿成分も沢山含まれていますが、
中性の手ピカジェルに比べて刺激が強いことは事実です。

私は肌が特に強いタイオウでも弱いタイプでもありませんが、
体調や肌の調子が少し悪い時に多用すると手が少しカサついたりする時があります。

程度によっては、肌の弱い人は使う回数をコントロールしたりする工夫が必要かもしれません。

とは言っても保湿成分がしっかり配合されているので、私もカサつきが出るのは時々なのでほぼほぼ大丈夫です。実際に使ってみて加減してみるしかないですね。

手ピカジェル、手ピカジェルプラスの販売情報

現在、スーパーやドラッグストアなどの実店舗では、
手ピカジェルシリーズを買うのはなかなか難しいです。

新型コロナウイルスの影響で在庫が無い場合がほとんどで、
タイミング良く入荷したお店があってもすぐに売り切れる感じです。

そもそも入荷自体が途絶えているというお店もけっこうあるので注意しましょう。足は運ぶだけ無駄に…。

現実問題として何度も何度もお店には通えないので、
私はAmazonなどのネット通販で在庫をチェックしています。

ネット通販なら、いつでもスマホやパソコンから隙間時間にサッとチェックできます。

在庫のタイミングがよければ、家にいながら並ばずすぐに買えるのも便利ですよね。

よければ参考にしてみて下さい。

手ピカジェルの在庫を今すぐ確認する!

手ピカジェルプラスの在庫を今すぐ確認する!